これで安心、老後の資産!

60歳から年金として受けられる

公的年金として国民年金や厚生年金があり、通常は65歳から受けられるようになっています。多くの会社では徐々に定年制が変更され、これまで主流だった60歳定年から65歳定年や定年制の廃止などをするところもあります。ただ、65歳まで若い人と同じように働けるかとなると難しいかもしれません。この時に65歳の公的年金給付までどうつなぐかが問題になります。個人型確定拠出年金は、10年以上加入していれば60歳からの給付が可能な仕組みになります。いくら積み立てているかにもよりますが、働いているときにしっかり積立てておけば老後に使えるお金として役立てられるでしょう。公的年金給付までのつなぎだけでなく、公的年金を上乗せする役割も備えています。

年金としてだけでなく一時金でも受けられる

会社に勤務している人だと、退職時に退職金をもらえる人も多いでしょう。その中でも定年退職金の金額はそれなりに大きくなります。一般的には一時金で受けるイメージがありますが、会社によっては年金で受けられる仕組みを用意してくれるところもあります。個人型確定拠出年金は、個人で年金を用意できる仕組みです。老後に受ける公的年金だけでは不安があるなら、少しずつ積み立てておくと老後に困りません。ではどんな受け取り方ができるかですが、年金の言葉があるので年金の受け取り方ができます。それ以外に一時金としても受けられます。さらには、一時金と年金とに分けて受ける方法もあります。受けられるときにまとまったお金が必要なら、一部を一時金で受けてもいいでしょう。

© Copyright Old Age Funds. All Rights Reserved.