さぁ、今すぐ資産運用をはじめよう!

一歩攻める資産運用法とは

年金と言われると思いつくのは、一定額の掛金に決まった給付。といった受けの姿勢でしょう。
実際のところの個人年金はそういった運用に関することに一切手をつける必要なく、将来に備えた資産形成をすることができるものでした。
ですが、将来を考えればもう少し踏み込んで特をしたいと考えてしまうのも無理はありません。そして、そのための制度、確定拠出年金というものがあります。
当然個人でも加入ができる個人型があり、自営業者でもサラリーマンでも加入することができます。
では、この制度のどこに攻めの部分があるのでしょうか。
それは掛金の運用が掛金を出す個人に委ねられていることです。
対応した金融商品を見極めてその結果を後に受け取る。人任せにしないことで自分の決断による利益を漏らさず受け取ることができるのです。

増やすつもりがなくてもお得な理由

運用益を出すのなんか難しいから、と避けてしまうのはもったいない理由が個人型確定拠出年金にはあるのです。
それは大きな税制上での優遇なのです。
まず、掛金は全額所得控除の対象になります。
掛金は自分の裁量で変更できますが、およそ数十万円までの所得を非課税にできるため、ただ銀行に入れておくだけよりも税額にかなり大きな差が出てきます。
金融商品からの運用益に対しても非課税となるため、安定はしているものの利率が低い金融商品での運用をしていても着実に資産を増やすことができます。
また、通常であればかかる金融商品の購入手数料や運用管理費用についても、金融会社は一般向けのものに比べて大きく減額していたりゼロにしていたりするケースがあるのです。

© Copyright Old Age Funds. All Rights Reserved.