イデコは企業型と個人型の違い!?

確定拠出年金には企業型と個人型があります。イデコは?

確定拠出年金とは、現役時代に毎月の掛金を自分で選んだ金融商品に投資し、その運用資産を老後に受取るという制度です。確定拠出年金には企業型と個人型がありますが、どちらも老後資金を作るという点は共通しています。
イデコは個人型にあたり、個人の老後の資産作りをサポートする制度で、加入は自由です。企業型は会社が導入していれば加入できる制度ですが、加入が強制が選択制かはその会社の方針によって違ってきます。また拠出する掛金の原資や投資先の金融商品も、所属する会社のやり方に従う必要があります。
どちらの制度も、一度加入すると60歳を過ぎるまでは資産を引き出すことができませんし、中途解約もできないので、加入前に十分検討する必要があります。ただ、老後の資産形成が目的ですので、その点においては確実に資産を準備できる良い制度と言えるでしょう。

イデコと個人年金保険、似ているけどその違いは?

老後の資産形成という点において、イデコに似た特徴を持つ個人年金保険があります。
両者の違いをまとめると、イデコは証券会社で加入するのに対し、個人年金保険は保険会社で加入します。老後に受取れる資産は、イデコは運用成績次第なので未確定ですが、個人年金保険は加入当初に決めた額を受取れる確定型と運用成績が反映される変動年金を選ぶことができます。運用コストは、イデコは月々の口座管理費と投資信託の場合は信託報酬がかかるのに対し、個人年金保険は保険料に含まれており不要です。税制面では、イデコは掛金全額が所得税控除されるのに対し、個人年金保険は所得税、住民税ともに上限が設けられています。月々の掛金にもよりますが抑えられる所得税の差は大きく、税制面ではイデコがより有利と言えます。
このように制度に違いはありますが、老後の備えという面では同じですので、自分の投資スタイルに合うものを選び豊かな老後に繋げましょう。

© Copyright Old Age Funds. All Rights Reserved.