最近よく聞く個人型確定拠出年金とは?

税制メリットがたくさんあるお得な制度!

イデコという愛称でも知られている個人型確定拠出年金は、税制面での優遇措置が多く老後資金を作るには非常にお得な制度と言えます。
具体的には毎月一定の掛金を積み立て、投資信託や保険、定期預金などの金融商品を自分で選んで運用し、60歳以降に年金や一時金で受け取るというものです。
そして掛金全額が所得控除の対象となり所得税や住民税が軽減される点、運用益に税金が掛からない点、運用資産の受け取り時には退職所得控除や公的年金等控除が適用される点など、積立から運用、受け取り時まで非常に大きな税制メリットを備えています。
掛金は国民年金の分類によって決められた拠出限度額の範囲内で、5,000円から1,000円単位で任意に決める事が出来ます。また税制面のメリットだけでなく、運用方法によっては将来の資産を大きく増やす事が出来るのもこの制度の魅力の一つと言えるでしょう。

特徴を知って自分に合った運用を!

様々なメリットがある個人型確定拠出年金ですが、注意しておきたいポイントもいくつか存在します。
まず運用中の資産は、原則として60歳になるまでは解約する事が出来ません。つまり60歳までのライフプランもしっかりと考え、無理のない範囲で掛け金を決める事が大切になります。
また金融機関によって扱う金融商品も様々で、元金が保証されるタイプとされないタイプがあります。運用益を得るために自分が許容出来るリスクの範囲を、事前にしっかりと決めておく必要があるでしょう。
そして金融機関によって口座開設費や口座維持費にも違いがありますので、手数料に関してもしっかりと考慮に入れておきましょう。
これらの特徴を理解しておけば、個人型確定拠出年金は老後資金作りに非常に強い味方となってくれる制度です。自分に合った無理のない運用を心掛け、ぜひ安心で豊かなセカンドライフにお役立て下さい。

© Copyright Old Age Funds. All Rights Reserved.